アウトプットは48時間以内にすること~誰かに教えるつもりで伝えると効果的~




アウトプット最優先・・・
この言葉は、多くの人たちが呪文のように唱えている言葉ですね。
ですが、実際にインプットしてすぐにアウトプット出来ている人って
どれ位いるのかな・・・


以前の僕は、本を読んだらすぐに、ブログTwitterでアウトプットしていました。
中途半端なインプットでも、アウトプットを優先していたんです(笑)


確かにたくさん覚えることが出来たのにはラッキーでした。
でも、アウトプットを急ぎ過ぎたばっかりに
間違った考えが身につくことがあったんです。


そこから、インプットとアウトプットの関係を改めて考え直してみました。
この記事では「アウトプットは48時間以内にすると記憶に残りやすい」について解説します。あなたが、この記事を読むことで、アウトプットするタイミングやコツが分かります。


是非、最後まで読んでくださいね。



インプットもアウトプットも重要です

よく、書籍などでみられるのが。ほんのちょっとインプットしたら、すぐにアウトプットをすることを推奨しています。


このやり方を否定するつもりはありません。早ければ早い方が記憶に残りやすいのは、間違いありません。


ですが、インプットにもう少し、時間を掛けることでアウトプットの質がグンっと上がります。言われてみれば当然な感じはしますよね。


ある程度、知っておかなければ的確なアウトプットはできません・・・よね。
そこで、考え直してみたい部分が「インプット」です。次項で詳しく解説します。




インプットの質を上げる



今の時代、本で調べたり、ネットで探せば優良な情報に巡り会えます。ですが、たまたま出てきた情報を鵜呑みにするのは危険です。


なぜ危険なのかと言うと・・・
その人が書いた情報が100%正しいとは言い切れないからです。


特に、あなたが初心者だったら、いきなり出てきた情報を信じないでください。


「じゃあ、どうすりゃいいんだよ・・・」あなたの心の声が聞えてきそうですね。
あなたの気持ちはよく分かります。でも、簡単な方法でその情報が正しいのかどうかが分かります。


その方法は「ネットの情報 + 専門書を読むこと」です。
実は、ブログで上手く伝わらないとお悩みの方に多いのが、ネットの情報に偏っているところです。ネットの情報を否定するつもりはありませんが、同じ情報でも捉え方が違う場合があるからです。


特に、あなたがその分野の初心者や駆け出しであれば、中途半端なインプットは避けるべきですね。最初に間違った認識をしてしまうと、後からジワリジワリ響いてくるんです。


そうならない為にも「ネットの情報 + 専門書」の組み合わせで学んでいきましょう。




アウトプットするタイミング

基本的に学んだらすぐ、アウトプットした方がいいですね。もし、不安であれば実践しながらのアウトプットはお勧めです。


10段階ある内の3段階目くらいからアウトプットを始めるのです。そこから、実践したペースに合わせて、アウトプットをしてくださいね。


ここで注意点があります。


その注意点とは、1回アウトプットしたらそれで終わり・・・では、ありません。暫く実践することで、より深い学びになるんです。


実践のやり方も、別の切り口で試すことで、新たな気づきが出てきます。この時の気づきは、あなたの武器になるので、しっかり自分のモノにしておいてくださいね。


できれば、メモに残すことをお勧めしておきますね。


実践した人にしか分からない

どれだけ詳しい本を読んでも、そのジャンルで名前が通っている人から習っても、読んだこと・習ったことを実践しなければ、何の成果も結果も出て来ません。


あなたにも経験があると思うのですが、趣味の場合、実際にその趣味に興味があって、少しでも試すことで、発見が増えてきます。最初はあやふやだったけど、繰り返し実践することで、段々できるようになった・・・こんな感じの経験n1つや2つくらいはあるかろ思います。


ブログや情報発信も同じなんです。今、この瞬間に学んだことを「48時間以内」にアウトプット・実践することを意識しておいてくださいね、


48時間以内に作業することも、あなたの癖にすることが出来ます。癖になったら、体が勝手に動き始めます。あなた自身、実践型の人になれるので安心してくださいね。




効率的なアウトプットとは・・・



誰かに教えることです。例えば、あなたの普段から付き合いのある仲間に伝えるのです。実際に顔を見ながらもしくは、声を聞きながらのアウトプットになるので、あなたの記憶に残るスピードは格段にあがります。


他の方法で言うと・・・


・ブログで伝える
・SNSで伝える


他にもありそうですが、誰かに教える・伝えると言う作業で、あなたが学んだ知識がより深く理解できて、自分のモノになります。


アウトプットをすることで、かけがえのないモノが手に入ります。
かけがえのないモノとは・・・「経験」です。


アウトプットもしくは、実践した人しか手に入らないのが「経験」です。あなたがアウトプットすることで、深い知識やノウハウが手に入ります。更には経験までもが手に入ります。


早速、今日から効率的なアウトプットを意識してくださいね。48時間以内のアウトプットも意識してくださいね。






今回のまとめ

今回は「アウトプットは48時間以内にすること~誰かに教えるつもりで伝えると効果的~」をテーマに解説しました。


インプットの質の上げ方から、効率的なアウトプットのスタイルまでお伝えしました。いかがでしたか。

最初は、ピンと来るものが分かりにくいかもしれませんね。でも、アウトプットを継続することで、あなたの伝える力は確実にあがります。当然ですが、ライティングのスキルも上がるのは間違いありません。


このページをご覧のあなたも早速、今日から「学んで48時間以内のアウトプット」のスタイルで実践してみてくださいね。



編集後記

以前の僕は、本から学ぶのであえば、全部読んでからじゃないとダメだと信じていました。でもですな・・・僕は本を読むスピードがめちゃくちゃ遅いんです(笑)


時間が経つと、せっかく覚えたこともあやふやになっていたのでした。いざ、アウトプットする時も、適当には書けませんでした。最終的にはインプットのみで終わっていたのです。


そこから、学んだらすぐにアウトプットするスタイルを学びました。ブログで、読者に伝えるスタイルですね。今では、何か学んだらブログに書く習慣が身につきました。


習慣になると作業でストレスを感じなくなりました。これは、僕の中で大きな収穫です。これからも、学んだらブログに書く・SNSで発信するスタイルで継続します。




と、言うことで、今回はここまでにしておきます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますね♪



ネット広告・マーケティングランキング

0 件のコメント :

コメントを投稿