ブログに肩書をつけて、なりたい自分になる方法



今回は、1人のライターとして、
「肩書をつけよう」について
解説します。


肩書をつけるって・・・

・何だか恥ずかしいんだけど
・そんなに大袈裟にしなくても・・・
・誰も肩書なんて気にしてないよ


こんな感じの声が聞えてきそうですね。
ですが、実は違うんです。


あなたが、○○の初心者だったとしても、
肩書があるのと、無いのとでは
大きな違いが出てきます。


そこで、今回は肩書がもつ威力と、
あなたが付けるべき肩書の見つけ方に
ついてお伝えします。


あなたは自分の肩書をつけていますか?


肩書って○○アドバイザーみたいなやつ?
そうそう♪チャコちゃん、もしかして付けてるの?
昔、友達からどこでも寝れる女って言われたよ
なるほど・・・(分かる気がする)
でもね、そんなんちゃうでぇ~変な肩書付けるなよ?!
でも、分かりやすくていいんじゃない?(笑)
そうかもだけど、それは嫌だ・・・



チャコちゃんの件は参考までにお伝えしました。この記事では、あなた自身の肩書の変え方について解説します。更に肩書を変えることで得られる様々な効果も併せてお伝えします。


是非、最後まで読んでくださいね。






肩書をつけて得られること



肩書があるのと、無いのとでは
大きな差があります。


読者は、あなたのブログを読んでいる間に、
あなたのことが気になり始めます。


その時に肩書があれば、
読者も「なるほど」と、
納得してくれます。


時と場合によっては、
「この人スゲぇ~」って
なる場面もあるんです。


他にも、この人ってこんな人だったんだ。
道理で詳しい訳だ


と、感じてもらうことができます。






肩書が無かったら・・・読者は不安になる

逆に、肩書がなかったらどうでしょう?


この人の文章は気になるんだけど・・・
一体何をしている人なの?


と、最初に抱いていた興味から、
不安や疑問を抱くようになります。


一度でも、不安や疑問を感じると、
読者は警戒心が強くなるんです。


この様な状態が続くと、
ブログからの成果は
見えてきません。


そうなる前に、肩書を早めに決めて
読者に知ってもらいましょう。





肩書は、なりたい自分になれるチャンス



あなたが今、何か目指している事はありませんか?
もしくは、なりたい人の目標はありませんか?


仮に「ブログで稼げる人になりたい」と、
感じていたとします。


そんな時に、肩書を下記の2通りで付ける
としたら、どちらを選びますか?



1.ブログ初心者です。
ブログで稼げる人をめざしています。



2.駆け出しのブロガーです。
少しずつですが、
ブログでお金を稼ぐ仕組みが分かってきました。



1と2だと、どちらを応援したくなりますか?
恐らく、あなたは「2」を選ぶと
思います。


一生懸命な人って応援したくなりませんか?


今は、他の人でお話しましたが・・・
これを、あなた自身に当てはめてみましょう。


普段から、様々な情報を発信することで、
読者から応援される場面が出てきます。


ものすごく心強くないですか?



もし、今なりたい目標があれば、
その目標を肩書にしてくださいね。





肩書のNGワードとは?!

ほんの些細な事なのですが、
肩書にもNGワードがあります。


そのワードとは「初心者」です。


初心者と言うワードは便利そうなのですが、
実は足元を見られやすいのです。


あなた自身に置き換えるとイメージしやすいと思います。


すごく気に入ったブログがあったとします。


例えば・・・


「僕(私)は○○の初心者です。」


と、書かれていたらどんな印象を受けますか?


・その人に質問してみたいですか?
・その人から色々学びたいですか?


恐らく、答えは「NO」ですよね。
人は質問したり、
教わる時には専門家から聞きたいですし、
習いたいと考えます。



肩書に「○○の初心者」と書いてあると、
読者は簡単にスルーされてしまいます。



なので、肩書には「初心者」と言う言葉は
避けるようにしてくださいね。


人は質問したり、教わる時には
専門家から聞きたいですし、
習いたいと考えます。



肩書に「○○の初心者」と書いてあると、
読者は簡単にスルーされてしまいます。



なので、肩書には「初心者」と言う言葉は
避けるようにしてくださいね。





この際、なりたい自分になろう



せっかく、肩書を考えるのであれば、
あなたが、将来なりたい人と同じ
もしくは似た感じの肩書をつけましょう。



今は未熟でも構いません。
これから、その肩書に相応しい人に
なればいいんです。


その方が、日々の作業は楽しいですし、
学び方も変わってきます。


その人になり切って
普段の行動を考えてみるのも
面白そうですね。


肩書に相応しい動き・発言を
意識することから始めてくださいね。




今回のまとめ

・肩書を付けて得られること
・肩書がなかったら読者は不安になる
・肩書はなりたい自分になれるチャンス
・肩書のNGワード
・この際、将来なりたい自分になりましょう。


今回は「ブログに肩書をつけて、なりたい自分になる方法」をテーマに解説しました。併せて、肩書の考え方もお伝えしました。いかがでしたか?


最初は恥ずかしさがあるかもしれませんが、
すぐに慣れます(笑)


あなたも恥ずかしがらずに、
今日から肩書をつけてみてくださいね。




編集後記

僕もブログ再チャレンジを始めた頃から、
幾度となく肩書は変えてきました。


最初の頃は「初心者」を前面アピール
していたのです(笑)


その結果、中傷メールや怪しい勧誘だらけに
なってしまいました(苦笑)


でも、初心者と言うワードを取り除いたら、
状況は大きく変わったのです。


中傷メールはなくなりました、(と、言っても
忘れた頃にたまにきますw)


怪しいお誘いメールは殆どなくなりました。
肩書には自己防衛の効果があるかもしれません。


せっかくなので、この機会に肩書をつけてくださいね。




と、言うことで、今回はここまでにしておきます。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いしますね♪



コピーライティングランキング


あなたの応援に感謝します♪


0 件のコメント :

コメントを投稿